【2021年最新】オリックス(8591)の概要と投資妙味について解説!

【日本株】

こんにちは!うさぎパイセンです🐰

今回は日本株の「オリックス(8591)」の概要と投資妙味について解説して行こうと思います。

これからオリックスに投資したい方や日本の個別株に投資したい方は参考になると思うので是非最後まで読んでみてください❗️

こういう人に読んで欲しい
・オリックスに投資しようと考えている方

 

・日本株に投資をしようと思っている方

 

・投資したいけど、どの銘柄を選んだらいいかわからない方

投資を始める方はまず証券口座を解説しましょう!

LINE証券 LINE証券

👇LINE証券について詳しく知りたい方はこちらをチェック👇

【投資未経験者必見】LINE証券の概要とメリット・デメリットについて
今回はLINE証券の概要とメリット・デメリットについてまとめてみました。 その他にも口座開設方法や投資方法も公開しているので是非参考にしてみてください!

1.オリックスの概要

オリックスとは1964年にリース産業をするために設立された会社です。

うさぎパイセン
うさぎパイセン

オリックスの大まかな概要は以下の通りだよ〜

オリックスの概要
・事業内容:多角的金融サービス業

 

・株主資本:2,979,684百万円→29億円

 

・時価総額:2兆3438億円

 

・株価:1823円(4月15日時点)

 

・配当利回り:4.17%(4月15日時点)

次は株価指標を見ていきましょう!

株価指標5月14日時点
PER11.77倍
PBR0.75倍
PSR0.99倍
EPS159.08円
BPS2460.05円(2020年12月時点)
オリックスの株価指標

それでは上から順番に解説していきます^^

2.オリックスの事業内容って何??

オリックスの事業内容は多角的金融サービス業と言って様々な事業を展開しています。

オリックスは大きく分けて10つのセグメントに分かれています。

オリックス10つのセグメント
①法人営業・ メンテナンスリース

 

②不動産(運営)

 

③事業投資・コンセッション

 

④環境エネルギー

 

⑤保険

 

⑥銀行・クレジット

 

⑦輸送機器

 

⑧ ORIX USA

 

⑨ORIX Europe

 

⑩アジア・豪州

オリックスは景気敏感株でコロナの影響を受けていましたが、現在は順調に回復しています。

3月期の決算発表では6セグメントで増益で今の所回復傾向にあることがわかります。

また、前年同期比では3セグメントが増益であることから昨年のコロナ時よりも順調に業績が回復しています。

次はセグメント別の資産表になりますが、

メインの法人営業・メンテナンスリースが減少していますが、保険・銀行・クレジットが増加しています❗️

その中でも保険では新規契約者が増加しており、順調に資産が増加しています。

こちらは保険の実績になるのですが、利益・契約件数ともに右肩上がりで増加していることがわかります。

メインの法人営業・メンテナンスリースも主なリース先である製造業も現在回復傾向にあります。

業況判断指数「DI」

業況判断指数「DI」とは大企業と中小企業の製造業が「今は製造業の景気がいいですよ」と言っている割合を表したものになるのですが、大企業の製造業5ポイントとは前回のポイントから15ポイント回復しており、その他の中小企業も右肩上がりに回復しています。

このまま回復すればメインの法人営業・メンテナンスリースも回復していくと思います。

証券口座の開設はネクシィーズトレードへ

3.オリックスの財務状況

投資をする上で投資する企業の概要(事業内容)を理解した後は財務状況が良いか確認しなくてはなりません。

こちらはオリックスの財務健全性と手元流動性を表した表になるのですが、グラフを見ると手元流動性を高めていることがわかります。

手元流動性とは企業が自由に使えるお金のことで高ければ高いほど財務に安定性があると言われています。

また、格付け4社の評価もA -と信用力は高いことがわかります。

これらを踏まえて財務状況は今の所問題ないと思います。

4.オリックスの株価指標

次にオリックスの株価指標を解説して行こうと思います。

オリックスの「PER」と「PBR」

オリックスの現在のPERは11.77倍PBRは0.75倍となっています。

PER・PBRの目安はPERが15倍、PBRが1倍となっており、目安よりも下であれば割安と言われています。

現在の値からはPER・PBR共に割安の値を示しています。

オリックスの現在のEPSは159.08円BPSは2460.05円となっています。

EPS(一株あたり利益)とは企業の収益力を表しており、今どれくらい利益をあげているかを見ることができる指標です。

2019年から減少傾向にあるEPSですが、このまま下がり続けると注意が必要です。

しかし、オリックスは設立初年度を除いて55年間毎期黒字を計上しているので今後も持続的な成長が期待できそうです!

また、BPS(一株あたり純資産)も毎年増加傾向にあるので企業の安定性も問題ないと思います。

LINE証券 LINE証券

5.オリックスの配当金推移と株主優待について

次にオリックスの配当金推移と株主優待について解説して行こうと思います。

1.オリックスの配当金推移

オリックスの配当金推移

今期の配当金は一株あたり78円配当性向50%を支払うことを決定しました!

現在の配当利回りは約4%程度なのでこのまま継続・増配するようであれば保有し続けていたいですね!

また、去年・今年と自社株買いを行なっているので来年も積極的に行えば株価の上昇に繋がります。

2.オリックスの株主優待

オリックスは株主優待も出しています。

オリックスの株主優待
・1株以上:株主カード

 

・100株以上:3年未満保有者はBカタログ、3年以上保有者はAカタログ

オリックスは1株以上で株主カードが貰えて、100株以上になると保有年数に応じてふるさと優待を受けることができます。

株主カードの主な利用先は以下の通りです。

株主カードのメリット
1.対象のホテル・温泉旅館を優待価格で泊まれる

 

2.オリックスバッファローズ公式戦ホームゲームを優待価格で観戦できる

 

3.対象の水族館の入場料が10%割引になる

 

4.オリックス自動車のカーリース・レンタカーなどの自動車関係の料金が優待価格になる

 

5.対象の人間ドックなどのヘルスケア関係の料金が優待価格になる

詳しくはこちら👉「宿泊優待料金」をみてください!

次に100株以上を保有した場合ですが、保有年数によってAカタログ・Bカタログのどちらかがもらえます。

こちらはAカタログの優待品に一部になるのですが、各都道府県の特産品をもらうことができます。

その他の特産品が気になる方はこちら二つ👉「2020年ふるさと優待Aコース」「2020年ふるさと優待Bコース」を確認してみてください。

6.オリックスへの投資妙味

それでは現在、オリックスへの投資妙味があるのかについて話していこうと思います。

私個人的にはあると思います。

その理由として

1.配当利回りが約4%あるかつ株主優待で生活支出を抑えることができる

2.財務も安定しており、今の所デフォルト(債務不履行)に陥る可能性が低い

ことが挙げられます。

この二つに関しては今まで説明してきた内容なのでここでは割愛したいと思います。

7.まとめ

今回はオリックスについて解説してみました。

現在、株高の中で全力買いはおすすめしませんが、リスク分散の為に毎月1万円ずつでも購入してみてはいかがですか?

今回紹介したオリックス以外にもまだまだ高配当株は眠っているのでこれからも引き続き紹介していきたいと思います❗️

👇/投資を学びたい人へおすすめの書籍❗️/👇

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました