SBI証券で資産形成しよう!

【投資&お金の勉強】

こんにちは!うさぎパイセンです🐰

今日はSBI証券で老後の資産形成をしていくということについて話していきたいと思います。

うさぎパイセン
うさぎパイセン

なぜ、資産形成をするの?

資産形成をなぜ、しなければならないのか?

結論から言うとこれから長生きをするに連れてお金が不足するからです。

老後2000万円問題

国がiDeCoやNISAなどを資産形成を推奨している

などもあり、将来年金を頼るのはあまり賢明ではないと思います。

そうなると自分自身で自分年金を作るしかありません。

そこで今回はどうやって資産形成をしていくのかを話していきたいと思います。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

1.SBI証券で積立投資を始める前に

まずは投資を始める前に「NISA口座」を開設しましょう。

株式の預りには3種類あり、一般預り・特定預り・NISA預りがあります。簡単に説明すると

一般預り(確定申告をしないといけない)

特定預り(確定申告をしなくてもいい)

NISA預り(上限金額内であれば非課税で運用できる)

とこんな感じです。

NISAの中にもつみたてNISA・一般NISAそして2024年から運用が始まる新NISAがあります。簡単に概要を表にまとめてみました。

種類一般NISAつみたてNISA新NISA
非課税枠年間120万円年間40万円【1階】20万円
【2階】102万円
非課税期間最長5年間最長20年間最長5年
投資可能期間2014年〜2023年2018年〜2037年2024年〜2028年
利用できる人日本に住む20歳以上の人日本に住む20歳以上の人日本に住む20歳以上の人
NISAの概要

資産形成をするのであればつみたてNISAをおすすめします。

他にも詳細はあるのですが、ここでまとめるとかなり多くなってしまいますので詳細は金融庁のホームページをご覧になってください。下記にリンクを貼っておきます。

NISA特設ウェブサイト : 金融庁
NISA(少額投資非課税制度)のしくみや投資について基本から解説します。制度の内容、メリット・デメリットを知り、投資の知識を増やしていきましょう。

2.実際に積立投資をしよう!

それでは実際にSBI証券で積立投資をしてみましょう。投資で一番重要なのはなんといっても投資をする商品です。ここで間違えると老後の資産形成ができないので十分注意してください。

ここで投資信託の商品を選ぶポイントを話していきたいと思います。

経費率(管理コスト)ができるだけ低いものを選ぶ

S&P500に連動しているものを選ぶ

この2つが老後の資産形成をするのに重要なポイントです。

ぼったくり商品であればあるほど信託報酬が高いことが多いです。信託報酬が低いと言うことは顧客が多く、低い報酬でも利益が出ていると言うことです。逆に高い商品ほど顧客が少ないので報酬を高くしないと会社の利益にならないからです。

世界3大資産運用会社のブラックロック・バンガードグループ・ステートストリートグローバルが運用しているETFのHDV、SPYD、VOO経費率(管理コスト)はどれも0.1以下です。

米国のETFであればHDVSPYDVOOがとても魅力的な投資対象だと思います。

【高配当ETF】HDVについて知ろう!
米国ETFの「HDV」についての概要と投資方法についてまとめてみました!その中でも組み合わせのいいETFやその組み入れ比率も紹介しているので投資初心者やこれから投資を始めようと思っている人は是非読んでみてください!
【米国高配当ETF】「SPYD」の配当はいつ?構成銘柄や配当利回りについて徹底解説!
米国ETFのSPYDについて徹底的に調べ上げて解説してみました。今SPYDがなぜ人気なのかを調査して書いているので気になる方は読んでみてください!
【最強ETF】VOOについて知ろう!
米国ETFの「VOO」についての概要と投資方法についてまとめてみました!その中でも組み合わせのいいETFやその組み入れ比率も紹介しているので投資初心者やこれから投資を始めようと思っている人は是非読んでみてください!

しかし、気をつけて欲しいのは老後の資産形成(長期投資)に魅力的であって短期的な利益は見込めないので注意して自分の判断で投資してください。また、時代の流れもあるので必ずしも米国株が最高のパフォーマンスが出せるわけではないのでそこにも十分注意してください。

SBI証券ではSBIバンガード・S&P500インデックス・ファンドです。

この商品はSBI証券とバンガード社が協力して提供している米国ファンドです。このファンドは信託報酬が0.1以下であり、かつS&P500に連動しているファンドです。

SBIバンガードのグラフ

これはSBIバンガードのグラフです。2019年9/26に設定された新しいファンドですがコロナショックで落ち込んでいる以外は順調に回復しています。これから回復するのか下落するかは米国の政策によりますが長期投資であれば潤沢な老後資金が作れると思います。

また、毎月3.5万円を積立投資をすることでNISA口座の上限40万円をフル活用することができますし、長期投資をすることで老後の資金を準備することができます。他にもいろいろな商品がありますが、資産運用するのならSBIバンガードがいいと思います。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

3.まとめ

今回はSBI証券で資産運用をしようと話でしたが、どうでしたか?

SBI証券かつ国内投資信託であればSBI・バンガード・S&P500がいいと思います。他にも米国ETFで言えばHDVSPYDVOOの投資がおすすめです。米国ETFについては他の記事でまとめたいと思いますので是非みてみてください。

【高配当ETF】HDVについて知ろう!
米国ETFの「HDV」についての概要と投資方法についてまとめてみました!その中でも組み合わせのいいETFやその組み入れ比率も紹介しているので投資初心者やこれから投資を始めようと思っている人は是非読んでみてください!
【米国高配当ETF】「SPYD」の配当はいつ?構成銘柄や配当利回りについて徹底解説!
米国ETFのSPYDについて徹底的に調べ上げて解説してみました。今SPYDがなぜ人気なのかを調査して書いているので気になる方は読んでみてください!
【最強ETF】VOOについて知ろう!
米国ETFの「VOO」についての概要と投資方法についてまとめてみました!その中でも組み合わせのいいETFやその組み入れ比率も紹介しているので投資初心者やこれから投資を始めようと思っている人は是非読んでみてください!

将来インフレ率が上昇すればお金の価値は減少してしまいます。投資で言えば貯金だけをしている人は日本円に100%投資していると同じです。なのでドルなどの違う通貨に分散するか、金やBTCなどの保存価値のあるものに分散するなども重要になってきます。株式や債券などのリスク資産に分散することも大事です。適正リスクをとってみんなで資産を増やしていきましょう!

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました