【ビットコイン急落❗️】米国債利回り上昇から見えるドルや金の行方(9/7米経済トピックス)

【うさぎパイセンの投資日記】

カテゴリー別で見たい方はこちらを検索👇

うさぎパイセン
うさぎパイセン

投資ブロガーのうさぎパイセン(@usagipaisenn)です🐰

こんにちは。うさぎパイセンです🐰

9/7の米経済トピックスは以下の2つです。

NY外為=ドル上昇、米国債利回り上昇など反映

ビットコイン、4万6560ドル付近で推移 前日は10%超急落

それでは順番に解説していきます。

1.NY外為=ドル上昇、米国債利回り上昇など反映

まず一つ目のトピックスは9/7にニューヨーク外為市場でドルが上昇したことです。

ドルは前週3日に米雇用統計が予想を大幅に下回ったことで、8月初旬以来の安値を更新しました。

【米雇用が失速!】9/2~3 米経済トピックス
1.米中小企業、50%が人手不足 要件満たす人材少なく=業界団体 2.米雇用が失速、8月23.5万人増 デルタ株直撃 賃金4.3%上昇

しかし、そこから徐々に回復し、終盤の取引では主要6通貨に対するドル指数は0.33%高の92.42でした。

回復した要因としては米経済の力強さにあるといえます。

雇用統計は予想を下回りましたが、連邦準備理事会(FRB)が依然として年内にテーパリングを行う可能性が高いことが市場の予想と一致したことを受け、短期的なドルの下落は絶好の買い場だとの見解が多かったようです。

また、米国債利回りは新発債発行計画などの影響で上昇しました。

米国債利回りの上昇がドル指数を押し上げた要因の一つとも言えるでしょう。

また、米国債利回りの上昇は金利の生まない金やビットコインの下落を意味します。

GLDの1年日足チャート

こちらは金ETF「GLD」の1年日足チャートになるのですが、9/7の値動きは-1.96%安の167.71でした。

また、50日移動平均線を割り込んだ場合は165ドル付近まで下落する可能性が高いです。

米長期金利の加速する動きがあればより一層金の下落は続くことが予想されます。

しかし、長期的に見れば金は上昇すると見ているので短期的な下落はむしろ絶好の買い場だと思います。

金ETF「GLD」について知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

【金に投資をすべき?】金ETF「GLD」について学んで金投資をマスターしよう❗️
今回は金ETFの「GLD」について学ぶと共に金を投資対象に入れるのかについて詳しくまとめました! 「GLD」についてはもちろん、どのような人が投資すればいいか詳しく解説していますので、是非最後まで読んでください😆

2.ビットコイン、4万6560ドル付近で推移 前日は10%超急落

二つ目のトピックスはビットコインが10%安の4万7153ドル付近まで急落したことです。

急落した要因はビットコインを法定通貨に正式採用した中米エルサルバドルで政府公式の電子財布(ウォレット)に技術的問題があり、それを不安に思った暗号資産投資家たちが投げ売りに走ったと思われます。

また、イーサリアムも同様に12%安の3460ドルまで下落しました。

しかし、ビットコインの下落も一時的な要因だと思われます。

ビットコインは法定通貨として採用されたり、決済で取り扱えるようになるなど、価値が安定してきています。

依然、変動率(ボラティリティ)が高いですが、ポートフォリオに占める割合が1〜5%の範囲であれば株式のリターンで取り返すことができるので投資をしたい方は自身のリスク許容度に応じて投資していきましょう!

コインチェック

Coincheck

コメント

タイトルとURLをコピーしました