【格差は広がる‼️】8/30 米経済トピックス

【うさぎパイセンの投資日記】

こんにちは!うさぎパイセンです🐰

8/30のトピックスは以下の2つです。

✅米の収入格差拡大に伴う貯蓄増、金利低下要因の可能性=米論文

「宴」は続く、年内テーパリングでもカネ余り相場変わらず

それでは順番に解説していきます!

1.米の収入格差拡大に伴う貯蓄増、金利低下要因の可能性=米論文

まず一つ目のトピックスは米国の収入格差がますます拡大していることです。

グラフを見てわかる通り、米国の収入格差は年を追うごとに拡大していることがわかります。

収入格差が広がる中でもとりわけ高所得者ほど貯蓄する傾向が高く、近年の貯蓄増が金利低下の要因の可能性が高いと米経済学者は発表しました。

米国に関わらず、世界各国で格差は拡大しています。

それは資本主義社会であれば仕方がないことだと思います。

それではどうすればお金に豊かになれるのか?

それは【人的資本】と【金融資本】の両方を働かせる他ありません。

理論上、お金を手に入れるにはこの二つの方法しかありません。

人的資本・・・労働を対価によって得られる

金融資本・・・株式や債券など金融商品を運用して得られる

皆さん人的資本は常に使っていますが、金融資本を使っていない方は多いのではないでしょうか?

また、現在の給料水準は減少傾向にありますが、税金は増加する一方となっています。

平均給与の水準
出典:厚生労働省ホームページ
国民負担率の推移
出典:財務省

節税の観点だと「ふるさと納税」「iDeCo」、SBI証券などのネット証券口座を解説して「積立NISA・NISAの活用」などがあります。

節税について知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

【サラリーマン最強節税術】ふるさと納税をフル活用しよう!
ふるさと納税の仕組みと活用方法について詳しくまとめました! 「ふるさと納税」は誰でも出来るノーリスク・ハイリターンな制度なので、是非学んで活用していきましょう!
【ネット証券の大御所!】SBI証券について徹底解説!!
ネット証券の大御所【SBI証券】について概要から利用するメリット・デメリットを徹底解説しました! 口座開設方法もできるだけ詳しく解説していますので是非最後まで読んでみてください❗️

話を戻すと給料水準は上がらず、税金だけが上がっている現状で人的資本だけでは限界があります。

そこで活用するのが「金融資本」です。

金融資本とは株式や債券などの金融商品を運用することで、運用した成果として配当や利子を得られます。

また、配当を再投資することで「複利の力」が得られます。

単利・複利については下記の記事で説明しているので知りたい方は是非読んで見てください。

【企業分析】三菱UFJ・FGに預金するよりも投資する理由を徹底解説!
三大メガバンクの一角「三菱UFGフィナンシャルグループ」について徹底的に企業分析しました! 株価指標から投資するメリット・デメリットまで詳しく解説していますので、是非最後まで読んで下さい‼️

これからの時代、自身の資産を運用するかしないかで差は歴然となるので危機感を抱いている方は是非毎月数万円からでも資産運用を始めていきましょう!

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

2.「宴」は続く、年内テーパリングでもカネ余り相場変わらず

二つ目のトピックスは年内にテーパリング(量的緩和の縮小)が決定しても株式市場のバブル相場は終わらない可能性が高いことです。

先週27日に開催されたジャクソンホール会議は投資家達の予想の範囲内の結果で波乱は起きませんでした。

【予想通りの展開!】8/27 米経済トピックス
こんにちは!うさぎパイセンです🐰8/27の米経済トピックスは以下の1つです!✅米国株、S&P500とナスダックが最高値 FRB議長講演で安心感それでは解説していきます!米国株、S&P500とナスダックが最高...

例え9月・11月のどちらかのFOMC(米連邦公開市場委員会)で年内のテーパリングが決定されたとしても来年に米国債発行額が減ることで需給的なバランスが保たれ、好材料と不安材料がオフセット(相殺)されます。

また、テーパリングとは量的緩和の縮小を意味するので米国債などの買い入れをやめると言うことではありません。

来年以降買い入れ金額は減少するものの、依然FRBのバランスシートは拡大するので向こう2〜3年の株式市場は好調である公算が高いです。

また、FRBが縮小に着手するのも前回の引き締め局面同様、利上げが始まった後との見解が多いです。

なぜ、ここまで段階的に量的緩和の縮小をしたり、急激な金利上昇が行われないのか?

それは急激な利上げは社会が対応できないからです。

コロナショックにより政府や企業の負債は急増しました。

この増加した負債の中で利上げを行えば返済に間に合わずに潰れてしまう政府・企業が増えるのは必然です。

その為、利上げも経済が回復した後に段階的に行なっていく公算が高いです。

株式市場が好調な今をしっかりと利用して時代の波に乗っていきましょう♪

LINE証券口座開設

LINE証券

GMOクリック証券くりっく365

GMOクリック証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました