【チャンス到来!?】年初来の日経平均下落からみる今後の戦略

【投資日記】
うさぎパイセン
うさぎパイセン

こんにちは!うさぎパイセン(@usagipaisenn)です。

今回は年初来最安値を記録した日経平均から見る今後の戦略について話していこうと思います。

この3分で読むことが出来る記事は皆さんにとって今後の投資戦略の参考になると思うのでぜひ最後まで読んでみてください。

最新の日経平均株価はこちら

SBI証券

1.なぜ、日経平均は続落し続けているのか?

2022/3/7時点の日経平均株価は午前9時で25,350と年初来の最安値を更新しました。

まず日経平均株価はなぜ、続落し続けているのかというところなのですが

これは

  • 米国株式市場の続落
  • ウクライナ危機の長期化懸念

が原因です。

日経平均株価の1年日足チャート
出典:SBI証券
S&P500指数の1年日足チャート
出典:SBI証券

こちらは日経平均株価とS&P500指数を比較したものになるのですが

2021/12/3の上昇や2022/1/4の下落を見るとチャートの動きが一緒であることがわかります。

うさぎパイセン
うさぎパイセン

つまり、日本の株式市場は米国株式市場とある程度同じ動きをするってことだね!

そのため、今後も米国株式市場が続落するのであれば日本の株式市場も続落するという訳です。

次に日本株式市場が続落する原因となっている米国株式市場の下落についてですが、こちらは「ウクライナ危機の長期化」が原因です。

こちらは何も米国株式市場のみならず、全世界の株式市場に影響を与えています。

3/7本日に3回目の停戦協定が行われる予定なので、そちらの動き次第で今後の株式市場は動いていくでしょう。

しかし、今までの動きを見る感じでは停戦に向かう兆しがなく、戦争が長期化する可能性の方が高いです。

このように戦争が長期化することによってロシアへの制裁措置はより一層強くなり、そして制裁措置により国際金融システムに大きな打撃が加わることは間違いありません。

2.うさぎパイセンの今後の戦略

国際金融システムに影響が出ることで「株式」や「紙幣」などの価値が揺れる為、安全資産である「金」を買い向かう動きが強くなります。

金の1年日足チャート
出典:SBI証券

こちらは金の1年日足チャートになるのですが、ロシアがウクライナへ軍事圧力をかけた1月付近から右肩上がりに上昇していることがわかります。

このまま長期化すればするほどリスクヘッジのために金は買い増されると思います。

現物の金が買いにくいと思っている方は金ETF「GLD」に投資すれば、金を保有していることになります。

うさぎパイセン
うさぎパイセン

個人的に金は利息を生まないので投資していません。

今後、日本への影響が大きくなるようであれば株式の比率を減らして、金を購入しようと思っています。

今からでも金にリスクヘッジしたいと思っている方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

(1)インデックス投資はどうする?

インデックス投資についてですが

このまま戦争が長期化しても毎月買い続けていきます。

理由はあとから紹介する記事にも書いていますが、保有する期間が20年を超えると元本割れのリスクはほぼ0に近いということが金融庁の資料の統計からわかるからです。

国内外の株式・債券に積立・分散投資した場合の収益率(実績)
出典:金融庁
うさぎパイセン
うさぎパイセン

なので、今後長期化によって暴落してもひたすら買い増し続けます。

現在、積立している投資信託は二つあり

一つ目が「SBI・V・S&P500インデックスファンド」

二つ目がeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

とどちらも米国株式に連動する投資信託を購入しています。

うさぎパイセン
うさぎパイセン

二つ目のeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は楽天市場のSPUの為に1000円だけ積立しています。

SBI・V・S&P500インデックスファンドについて知らない方もいると思うので詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

(2)高配当株投資はどうする?

高配当株投資に関しては配当利回り4〜5%を目安に毎日探しています。

投資する条件として

  • EPSが右肩上がりに成長しているか
  • 増配しているか、もしくは減配していないか
  • PER・PBRを見て割安なのか

という視点で判断しています。

私の基本スタイルはバイ&ホールド(長期保有)なので一度購入したら、基本的には手放しません。

うさぎパイセン
うさぎパイセン

株価が下がるのはむしろチャンスと思っているので、メンタル面もそこまでダメージを受けません。

うさぎパイセンが保有する銘柄や気になる銘柄についても随時更新しているので、興味のある方は読んでみて下さい。

3.まとめ

今回はうさぎパイセンの今後の戦略についてお話ししました。

この記事のまとめ
・ウクライナ危機の長期化により株価は続落

 

・日本に大きな影響が来れば株式の保有を減らし金を購入 

 

・インデックス投資は引き続き積立

 

・高配当株投資は利回り4〜5%のものを探していいものに巡り会えば購入

投資に悩んでいる方の参考になればいいなと思っています。

最後に

投資は最終的に自己判断で行うものなので、ご自身の適正リスクをしっかりと把握して投資するようにしましょう。

また、紹介している記事の銘柄への投資を推奨しているわけではありません。

LINE証券

LINE証券新規開設

コメント

タイトルとURLをコピーしました