【高配当ETF】HDVについて知ろう!

【米国ETF】

こんにちは!うさぎパイセンです🐰

うさぎパイセン
うさぎパイセン

投資ブロガーのうさぎパイセン(@usagipaisenn)です🐰

今回は米国ETFの「HDV」について話していこうと思います。

この記事を読むと・・・
・投資リテラシーが爆上がり

 

・高配当投資の知識が身につく

 

・昨日の自分よりも成長できる

これから資産形成をしようと思っている方や米国の有名企業に投資したい方は参考になると思うので是非読んでみてください!

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

1.HDVの概要

HDVとは米国のETFで、世界三大運用会社の「ブラックロック」が運用しているETFです。

HDVの大まかな概要は以下の通りです。

・名称:iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF(HDV)

総資産総額:5,930.59 百万米ドル(2021/2/26時点)

基準価格:93.89 ドル(2021/3/19時点)

分配利回り:3.80%

経費率:0.08%

うさぎパイセン
うさぎパイセン

経費率も低く、分配利回りが3.8%あるのは魅力的ですね❗️

連動指数:モーニングスター配当フォーカス指数
詳細:財務の健全性が高く、同時に、持続的に平均以上の配当を支払うことのできる、質の高い米国籍企業75銘柄で構成されている

うさぎパイセン
うさぎパイセン

倒産する可能性が低いかつ配当をしっかりと出してくれる企業で構成されているってことだね❗️
これは長期投資に向いているね✨

「HDV」の10年の月足チャート

これは10年月足チャートですが、しっかりと右肩上がりで成長して分配金もしっかりと出し続けています。

また、5年トータルリターンも7.50%と非常に高いので、インカムゲイン・キャピタルゲインの両方が狙えるETFですね❗️

2.HDVの組み入れ比率とセクター構成

「HDV」の組み入れ比率上位10銘柄は以下の通りです。

1.エクソンモービル(XOM) 8.36%

 

2.ジョンソン&ジョンソン(JNJ) 6.76%

 

3.JPモルガン・チェース(JPM) 6.67%

 

4.ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) 6.54%

 

5.シェブロン(CVX) 5.74%

 

6.プロクター&ギャンブル(PG) 5.15%

 

7.メルク(MRK) 4.24%

 

8.アルトリア・グループ(MO) 4.23%

 

9.コカ・コーラ(KO) 4.00%

 

10.Cisco Systems Inc (CSCO) 3.98%
うさぎパイセン
うさぎパイセン

P&Gやコカコーラなど、日本で名前を聞くような大企業ばかりですね❗️

これは現在の上位10銘柄なので、リバランスで他の銘柄と入れ替わることがあります。

次は「HDV」のセクター構成を紹介したいと思います。

「HDV」のセクター構成

上の図を見ると「HDV」の上位3セクターはエネルギーヘルスケア生活必需品の順となっています。

構成を見るとディフェンシブと高配当のセクターが多いのが分かりますね❗️

次は「HDV」のメリットを紹介したいと思います。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

3.HDVへ投資するメリット

「HDV」へ投資するメリットは主に以下の3つがあります。

1.米国のディフェンシブ株や高配当株に分散投資できる

2.P&Gやコカコーラのような有名な企業に投資できる

3.10年20年の長期投資であれば右肩上がりの成長である可能性が高い

それでは順番に解説していこうと思います❗️

1.米国のディフェンシブ株や高配当株に分散投資できる

一つ目のメリットとして米国のディフェンシブ株や高配当株に分散投資できるということです。

ディフェンシブ株とは主に景気動向に左右されない銘柄を指し、変動率(ボラティリティ)が小さいのが特徴です。

景気動向に左右されないと言うことは株価が安定かつ業績のブレも少ないのでしっかりと配当を出してくれる見込みがあります!

また、その中でも高配当を厳選して分散投資しているので長期投資の資産形成に向いているETFだと思います❗️

2.P&Gやコカコーラのような有名な企業に投資できる

二つ目のメリットとしてP&Gやコカコーラのような有名な企業に投資できるという点も挙げられます!

洗剤のボールドやアリエールで有名なP&G炭酸飲料のコカコーラで有名なコカコーラなどの生活必需品株も組み入れられているので自分が知っている企業に投資したいと言う方にぴったりです。

また、個別株を買っても分散投資をするのが難しいと思う投資初心者にもぴったりだと思います。

3.10年20年の長期投資であれば右肩上がりの成長である可能性が高い

三つ目のメリットとして10年20年の長期投資であれば右肩上がりの成長である可能性が高いことです。

先程、「HDV」の10年月足チャートを見てもらうとわかりますが、長期投資であれば右肩上がりに成長していることがわかります。

さらに米国は先進国の中でも人口増加率が右肩上がりなこと世界最大の先進国であることを踏まえるとこれから先も成長し続ける可能性は高いです❗️

しかし、未来は誰にもわからないので時代の流れが変わればその形にあった投資をしなければなりません。

そのためにも今のうちから勉強して金融リテラシーを身につけておくことが重要です❗️

一緒にこのブログから学んで少しでも豊かな人生を歩んでいきましょう❗️

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

4.HDVと組み合わせるおすすめETF

今から「HDV」と組み合わせるおすすめのETFを紹介したいと思います。

「HDV」だけでも十分にバランスの取れたETFですが、このバランスの取れたETFに組み合わせるとしたらこのETFです❗️

・「VOO」

VOOについての大まかな概要は以下の通りです。

VOO
・名称:バンガードS&P 500 ETF

 

・組み入れ銘柄:GAFAMやテスラ、バークシャーなどのS&P500を牽引する米国企業

 

・上位3セクター:ハイテク・ヘルスケア・一般消費財
うさぎパイセン
うさぎパイセン

HDVには無いハイテクを組み入れることがポイントだね❗️

VOOを組み入れることでHDVにはないハイテク株を組み入れることができます。

次に組み合わせ比率ですが、「HDV」を70%、「VOO」を30%がおすすめです。

・HDV:70%

・VOO:30%

バランスのいい「HDV」にハイテク株の要素がある「VOO」組み入れるといった感じですね。

また、VOOはS&P500に連動してETFなのでこれからも成長が期待できそうです❗️

VOOについてもまとめているのでこちらも是非読んでみてください!

\👇S&P500に投資をしたい方👇/

【最強ETF】VOOについて知ろう!
米国ETFの「VOO」についての概要と投資方法についてまとめてみました!その中でも組み合わせのいいETFやその組み入れ比率も紹介しているので投資初心者やこれから投資を始めようと思っている人は是非読んでみてください!

5.まとめ

今回は米国ETFの「HDV」についてまとめてみました❗️

投資を始めたばかりの方や今から始めようとする人は参考になると思います。

その他のETFについても過去にまとめてあるのでそちらも見てみてください❗️

\👇全世界に投資をしたい方👇/

【全世界株ETF】「VT」について知ろう!
全世界株ETFの【VT】についてまとめてみました!その他のもVTを核にしたポートフォリオの組み合わせ方も紹介しているので参考にしてみてください!

\👇中国などの新興国に投資をしたい方👇/

【新興国ETF】「VWO」について知ろう!
米国ETFの「VWO」の概要と投資方法をまとめました!どの米国ETFに投資したらいいかわからないという人は参考になると思うので是非読んでみてください❗️

\👇米国の高配当株に投資をしたい方👇

【米国高配当ETF】「SPYD」の配当はいつ?構成銘柄や配当利回りについて徹底解説!
米国ETFのSPYDについて徹底的に調べ上げて解説してみました。今SPYDがなぜ人気なのかを調査して書いているので気になる方は読んでみてください!

6.米国株について学ぶおすすめ書籍

👇\米国株を学びたい人へおすすめの書籍❗️/👇

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

LINE証券口座開設

LINE証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました