【最強ETF】VOOについて知ろう!

【米国ETF】

こんにちは!うさぎパイセンです🐰

うさぎパイセン
うさぎパイセン

投資ブロガーのうさぎパイセン(@usagipaisenn)です🐰

今回は米国ETFの「VOO」について話していこうと思います。

こういう人に読んで欲しい
・資産形成をしようと考えている人

 

・投資(長期投資)を始めようとしている人

 

・将来お金に不安がある人

これから資産形成をしようと思っている方や米国の有名企業に投資したい方は参考になると思うので是非読んでみてください!

【ネット証券の大御所!】SBI証券について徹底解説!!
ネット証券の大御所【SBI証券】について概要から利用するメリット・デメリットを徹底解説しました! 口座開設方法もできるだけ詳しく解説していますので是非最後まで読んでみてください❗️
ネット証券ならネクシィーズトレードへ

1.VOOの概要

「VOO」は米国のETFで、世界三大運用会社の「バンガード」が運用しているETFです。

VOOの大まかな概要は以下の通りです。

・名称:バンガードS&P 500 ETF(VOO)

・総資産総額:194,184.23百万米ドル (2021/02/26時点)

・基準価格:362.55 (2021/03/30時点)

・分配利回り:1.49%

・経費率:0.03%

うさぎパイセン
うさぎパイセン

経費率は0.03%と今まで紹介してきたどのETFよりも一番経費率が低いですね❗️

連動指数:S&P 500指数
詳細:米国の主要業種を代表する大型株500銘柄で構成され、米国株式市場のパフォー マンスに連動している

黄「S&P500」 青「VOO」
うさぎパイセン
うさぎパイセン

S&P500は資産形成に最適な指数の一つなので注目すべきETFですね❗️

「VOO」の10年の月足チャート

これは「VOO」の10年月足チャートですが、この10年間ひたすら右肩上がりを続けています❗️

5年トータルリターンは16.37%ととてもいいパフォーマンスを発揮しています。

皆さんもETFなどの金融商品を選ぶ際は

・経費率が低いこと

・長期的に見れば右肩上がりのチャートであること

などをしっかりと確認して買うようにしましょう!

ネット証券ならネクシィーズトレードへ

2.VOOの組み入れ比率とセクター構成

「VOO」の組み入れ比率上位10銘柄は以下の通りになっています。

1.アップル(AAPL) 6.02%

 

2.マイクロソフト(MSFT) 5.46%

 

3.アマゾン・ドットコム(AMZN) 4.10%

 

4.フェイスブック(FB) 1.93%

 

5.アルファベット(GOOGL) 1.89%

 

6.アルファベット(GOOG) 1.84%

 

7.テスラ(TSLA) 1.59%

 

8.バークシャー・ハサウェイ(BRK) 1.44%

 

9.JPモルガンチェース(JPM) 1.39%

 

10.ジョンソン・エンド・ジョンソン (JNJ) 1.30%

ただし、四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定し、リバランスしているので現在の上位10銘柄は変わることがあります。

次は「VOO」のセクター構成を紹介したいと思います。

「VOO」のセクター構成

「VOO」の上位3セクターはIT・ヘルスケア・一般消費財となっています。

ハイテク株に関しては組み入れ比率が30%も占めています。

うさぎパイセン
うさぎパイセン

VOO一つでGAFAMやテスラ、バークシャーへの投資が可能ですね❗️

ネット証券ならネクシィーズトレードへ

次は「VOO」のメリットを紹介していきます。

3.VOOへ投資するメリット

VOOへ投資するメリットは以下の3つになります。

1.「HDV」や「VT」と比較した時に大きくアウトパフォームしている

2.GAFAMやテスラ、バークシャーなどの米国の有名企業に投資できる

3.経費率が0.03%と長期投資に最適

それでは順番に解説していきます❗️

1.「HDV」や「VT」と比較した時に大きくアウトパフォームしている

一つ目のメリットは「HDV」や「VT」と比較した時に大きくアウトパフォームしているということです。

これは「VOO」・「HDV」・「VT」を比較したチャートになります。

「VOO」が青、「HDV」が黄、「VT」が橙となっています

青「VOO」 黄「HDV」 橙「VT」

どれも右肩上がりの成長していますが、「VOO」は他のETFを大きくアウトパフォームしています。

その背景にはS&P500に採用されているGAFAMテスラバークシャー・ハサウェイが牽引しているからです。

これからも引き続き動きをチェックして機械損失を失わないように投資していきます❗️

三つとも素晴らしい一部の優良ETFなのでバランス良く組み合わせて投資していきましょう❗️

\👇全世界に投資をしたい方👇/

【全世界株ETF】「VT」について知ろう!
全世界株ETFの【VT】についてまとめてみました!その他のもVTを核にしたポートフォリオの組み合わせ方も紹介しているので参考にしてみてください!

2.GAFAMやテスラ、バークシャーなどの米国の有名企業に分散投資できる

二つ目のメリットはGAFAMやテスラ、バークシャーなどの米国の有名企業に分散投資できることです。

GAFAMとは、Google・Amazon・Facebook・Apple・Microsoftの頭文字を取った造語でS&P500を牽引している米国の超一流IT企業です❗️

そのGAFAMに「VOO」一つで分散投資することが可能です。

さらにテスラやバークシャーにも投資でき、米国に投資しているといっても過言ではない優良ETFです❗️

こちらはS&P500と「VOO」を比較した5年チャートになっています。

このように長期的に投資していれば右肩上がりに成長していることがわかります。

コロナショックで2020年3月は暴落していますが、現在ではコロナ前よりも高値を更新し続けています!

ネット証券ならネクシィーズトレードへ

3.経費率が0.03%と長期投資に最適

三つ目のメリットは経費率が0.03%と長期投資に最適であることです!

「VOO」は経費率が0.03%ととても低いです。長期投資において経費率(運用コスト)は低くなければ複利の恩恵を受けることができません。

長期投資で右肩上がりであることや経費率が0.03%であることを踏まえると「VOO」は長期投資に最適だと思います❗️

しかし、ハイテク株が30%を占めているので他のETFと組み合わせてバランスの良いポートフォリオを作っていきましょう。

4.VOOと組み合わせるおすすめETF

「VOO」と組み合わせるおすすめETFは以下の2つです❗️

・HDV

・SPYD

「HDV」や「SPYD」については過去のブログでまとめているのでそちらを読んでみてください。

\👇HDVについて知りたい方👇/

【高配当ETF】HDVについて知ろう!
米国ETFの「HDV」についての概要と投資方法についてまとめてみました!その中でも組み合わせのいいETFやその組み入れ比率も紹介しているので投資初心者やこれから投資を始めようと思っている人は是非読んでみてください!

\👇SPYDについて知りたい方👇/

【米国高配当ETF】「SPYD」の配当はいつ?構成銘柄や配当利回りについて徹底解説!
米国ETFのSPYDについて徹底的に調べ上げて解説してみました。今SPYDがなぜ人気なのかを調査して書いているので気になる方は読んでみてください!

それではVOO・HDV・SPYDの組み合わせ比率を公開したいと思います❗️

・HDV 50%

・VOO 30%

・SPYD 20%

HDV・VOO・SPYDを組み合わせることで株高の恩恵を受けつつ、配当利回りやセクターがバランス良くなると思います❗️

あくまでも個人的な考えなので、皆さん投資する際は自分に合ったポートフォリオを作っていきましょう!

ネット証券ならネクシィーズトレードへ

5.まとめ

今回は米国ETFの「VOO」についてまとめてみました。

「VOO」は長期的に見るとかなりパフォーマンスが良いのでこれからも成長してくれると嬉しいですね。

未来は誰にもわからないので「VOO」一本だけでなく、他のETFと組み合わせてバランスの良いポートフォリオを作って投資していきましょう!

その他のETFについてもまとめていますので参考にしてみてください。

\👇中国などの新興国に投資をしたい方👇/

【新興国ETF】「VWO」について知ろう!
米国ETFの「VWO」の概要と投資方法をまとめました!どの米国ETFに投資したらいいかわからないという人は参考になると思うので是非読んでみてください❗️

6.米国株について学ぶおすすめ書籍

👇\米国株を学びたい人へおすすめの書籍❗️/👇

証券口座の開設はネクシィーズトレードへ

LINE証券口座開設

LINE証券

コメント

タイトルとURLをコピーしました